<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

<北九州市>釜山と門司間、5月に新フェリー就航(毎日新聞)

 北九州市は4日、韓国・釜山港と北九州市の門司港を結ぶ新たな国際フェリー定期便が5月の連休前にも就航すると発表した。同航路には08年6月「MOJI LINE」(モジライン、C&Cクルーズ社)のフェリーが就航したが、利用低迷で同8月末から運休。09年8月、事業免許を返納し撤退していた。

 北九州市によると、韓国の自動車部品メーカー「ソージンクラッチ」など4社が12月、運航会社「ソージンフェリー」(ソウル市)を設立。韓国政府国土海洋部から4日、同社に運航免許交付の連絡があったという。日本のフェリー会社が川崎−宮崎間などで使った大型船(1万1582トン、乗客660人)が、週6便運航予定という。門司港の乗降はモジラインと同様、西海岸岸壁を使用する。

【関連ニュース】
フェリー座礁:漁自粛の紀南漁協 24日にも再開へ
国交省:固定マニュアル作成など行政指導 フェリー座礁で
フェリー座礁:2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる
高速無料化:上限制でフェリー「利用客減に拍車」 県「対策見直す必要」 /広島
たこフェリー:流通科学大の学生が利用促進案 「景色、迫力は魅力」 /兵庫

山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」−谷垣自民総裁(時事通信)
3人ひき逃げ死、逃走のブラジル人逮捕(読売新聞)
<着服>司法書士が「過払い金」、和解書改ざんし 富山(毎日新聞)
「坂の上の雲」英訳本刊行へ 全4巻2年後めど(産経新聞)
<ジョン・レノン>ミュージアム閉館へ 契約満了 さいたま(毎日新聞)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-02-06 12:15

進次郎氏、貴理事当選に“感動”(スポーツ報知)

 小泉ジュニアが、9年前の父親同様、貴乃花親方に「感動」のエールを送った。小泉純一郎元首相(68)の次男・小泉進次郎衆院議員(28)は1日の本会議終了後、日本相撲協会の理事選で一門の枠を超えて立候補した貴乃花親方が当選したことを受けて、自民党にも若手による改革の必要があることを強調した。

 年功序列の古い体質が根強いのは角界も自民党も同じ。貴親方当選の一報に、政界の若手ホープの目が光った。「ガラッと変わらなきゃという思いが相撲協会の中でもあったんでしょう。自民党の中にも同じ声がありますから。協会はピンチをチャンスに変えたんじゃないですか。貴乃花親方が負けていたら『やっぱり変わらない』と思ったファンが多く出たんじゃないですかね」と旧態依然とした組織に新風を吹き込んだ行為に共感した。

 元野球少年だが、大相撲も小中学生時代に3回、両国国技館へ見に行ったことがある。2001年5月の夏場所千秋楽で、ひざに大けがを負っている横綱・貴乃花が強行出場して優勝し、賜杯授与式で当時首相だった父・純一郎氏が「痛みに耐えてよく頑張った! 感動した!」と絶叫したこともよく覚えている。「多くのファンの方々が、協会の皆さんに『改革の痛みに耐えてよく頑張った!』と言葉を贈るような未来にしていただきたい」と、純一郎氏の言葉をまねて、角界改革を熱望した。本会議では自民党勢からの代表質問に歯切れの悪い答弁をした鳩山由紀夫首相を「力士にとって手は刀。政治家にとっては言葉が刀。今の総理の刀はどうなっていますか」とチクリと刺した。

 【関連記事】
鳩山首相、施政方針演説51分で「命」25回…進次郎氏「意味分からん」
藤川優里氏「出馬は?」に笑顔で無言…自民党大会
進次郎氏、美人すぎる藤川市議に猛アタック!「心強い」…自民党大会
進次郎氏「分からないは、ぶれない」鳩山首相をチクリ

首都圏連続不審死 静かな人、ネットで能弁…木嶋容疑者(毎日新聞)
朝青龍は不在、成田山新勝寺で豆まき(読売新聞)
子ども手当満額「難しい」=11年度以降見通し−野田財務副大臣(時事通信)
輸入ワクチン、希望は3都県=949万回分余る−新型インフル(時事通信)
参院代表質問 首相、新たな移設先選定を強調 普天間問題(毎日新聞)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-02-05 16:13

【あすの「新報道2001」】(産経新聞)

 31日午前7時半からフジテレビ系で放送予定の「新報道2001」では、民主党の沖縄ビジョン作成にかかわった渡辺周総務副大臣、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相、自民党の菅義偉元総務相、共産党の小池晃政策委員長がゲスト。迷走する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、徹底討論する。

 後半は、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件などを受けて、「政治とカネ」問題について、資金管理団体による不動産所有の是非などを考える。

【新・関西笑談】リヤカーマン世界を歩く(2)冒険家 永瀬忠志さん(産経新聞)
入院患者の身体拘束 病院の措置は「合法」 患者側逆転敗訴 最高裁判決(産経新聞)
銃弾?入り封筒、首相官邸と小沢氏事務所に郵送(読売新聞)
小沢氏進退「本人が判断」=鳩山首相(時事通信)
三宅島民3割戻らず…避難解除から5年、復興半ば(読売新聞)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-02-04 16:22

民家火災で3人死亡=小学生の長女らか−神戸(時事通信)

 28日午前2時ごろ、神戸市垂水区桃山台の保険代理業山本孝さん(52)方から出火、木造2階建て住宅約140平方メートルを全焼、隣家の一部も焼いた。山本さんの家族ら7人が煙を吸うなどして同市内の病院に搬送されたが、うち3人の死亡が確認された。
 兵庫県警垂水署によると、山本さんと同居の母和子さん(78)、長女で小学4年唯貴さん(10)と連絡が取れていない。同署は遺体の身元確認を急ぐとともに出火原因を調べている。
 山本さん方は家族6人が同居しており、妻陽子さん(42)と息子2人はけむりを吸うなどしたが命に別条はないという。また近所の住民が消火作業中に足をねんざする軽傷を負った。 

【関連ニュース】
民家火災で2人死亡=妻と長女か
民家全焼、姉妹死亡=就寝中出火か
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕
たき火不注意で書類送検=山林火災に
桑田元投手の父、火災で死亡=誕生日に住宅全焼

暖冬だから?出水のツル、最も早い北帰行(読売新聞)
【いま、語る関西人国記】梅南鋼材社長 堂上勝己さん(57)(2)(産経新聞)
東海道新幹線、運転見合わせ拡大 上下線とも東京−新大阪間に(産経新聞)
<3カ月予報>2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表(毎日新聞)
平均時速50キロが限界? =人類が走る最高速度−足の接地時間が制約・米大学(時事通信)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-02-03 16:02

警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」−奈良地裁(時事通信)

 奈良県大和郡山市で2003年9月、逃走車両に警察官が発砲し、助手席の男性=当時(28)=が死亡したのは警察側の対応に問題があったとして、男性の母親(72)が、県と警察官4人を相手に約1億1800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で奈良地裁は27日、母親の訴えを棄却した。
 宮本初美裁判長は警察官の発砲について、「一般車両や警察車両に車を衝突させながら逃走しようとしており、警察官のみならず市民の生命、身体に危害を及ぼす危険性が顕著だった」と指摘。「(発砲は)やむを得なかった」とした。
 判決によると、男性は03年9月10日、車上荒らしなどの疑いで警察車両に追跡されていた車の助手席に乗車。同県大和郡山市の国道で警察官3人から8発の発砲を受け、うち2発が男性の首に命中し死亡した。車は別の男性(33)=窃盗罪など実刑確定=が運転していた。
 判決後、会見した母親は「納得いかない」と悔しさをあらわにした。弁護側は控訴する方針。
 藪内利一奈良県警監察課長の話 適法な職務執行との主張が認められたと受け止めている。 

【関連ニュース】
強殺未遂容疑で少年4人逮捕=逃走車両で男性引きずる
車上荒らしに引きずられ?重傷=駐車場から130メートル

足湯いいね〜 ほっこり観戦 大阪国際女子マラソン(産経新聞)
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)
<銀座高級時計窃盗>捜査員を来月香港に派遣へ 警視庁(毎日新聞)
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り−参院予算委(時事通信)
生活保護世帯に教育クーポン 反響 西宮のNPO法人 募金で達成(産経新聞)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-02-02 20:01

子ども手当満額「難しい」=11年度以降見通し−野田財務副大臣(時事通信)

 野田佳彦財務副大臣は31日のNHK番組で、2011年度からの子ども手当の満額支給(中学卒業まで1人当たり月額2万6000円)について「難しい。ハードルは高く、これからの作業になる」と述べた。財政状況が厳しい中では衆院選マニフェスト(政権公約)通りに実現するのは困難との見通しを示したものだ。
 具体的な支給額については、野田副大臣は「(11〜13年度予算の枠組みを示す)中期財政フレームをこれから(6月までに)策定する。3年間の歳出計画や歳入見通し、歳出削減をどうするのかを検討する中でやっていく」と説明した。さらに番組出演後、記者団に「(満額支給は)普通では困難なので、どういう(歳出・歳入での)知恵を出すのかだ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜資金の出所隠す経理操作?〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<日本ペンクラブ>書籍デジタル化で意見書 NY連邦地裁に(毎日新聞)
王将戦第2局 羽生の勝利で1勝1敗(産経新聞)
「ライ麦畑でつかまえて」のJ・D・サリンジャー氏、91歳大往生(スポーツ報知)
次官から局長へ降格可能…内閣人事局方針(読売新聞)
普天間移転の候補地徳之島 地元町長は官房長官と面会拒否(J-CASTニュース)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-02-01 18:52