独身男性を「誘惑」=個人向け国債で奇抜広告―財務省(時事通信)

 「国債を持てる男子は女性にモテる」―。財務省が7月に導入する固定金利3年の個人向け国債が話題を呼んでいる。国債購入は50〜60代が中心だが、今回は独身男性を意識した広告でターゲットを若者にも広げた。英紙も「奇抜な売り文句」と日本国債を紹介。個人向け国債の販売低迷が続く中、思わぬ前評判に財務省はやや戸惑い気味だ。
 広告は無料情報誌に掲載された。20代女性5人が登場し、「お金にまじめな人がいい」「安定感が絶対条件」などと理想の結婚相手を語る。彼女たちのお薦めの資産運用が国債という設定だ。
 英紙は「性的魅力に訴えた広告」と先進国で最悪の財政状態にある日本政府の国債消化対策を皮肉るが、財務省は「信用度は高い。期間3年は30〜40代にちょうどよい」(国債業務課)と主張する。 

【関連ニュース】
個人向け国債、固定金利3年物登場

<子ども手当>「理解してもらえる」満額見送りに首相(毎日新聞)
消費税引き上げ「必要」66%…読売世論調査(読売新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも(産経新聞)
化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)
<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-06-16 13:35


樽床氏「親小沢、反小沢の2極化... >>