<密約開示判決>「歴史に残る」 西山さん改めて講演で強調(毎日新聞)

 沖縄返還を巡る密約文書の開示請求訴訟で勝訴した原告の一人で元毎日新聞記者の西山太吉さん(78)が10日、東京都文京区で講演し、9日の東京地裁の判決について「歴史に残る判決」と改めて評価した。

 演題は「知る権利は守られたか」。西山さんは、支援者ら約160人を前に、訴訟に至る経緯を身ぶりを交えて説明。「われわれが裁判を起こして今回の判決を導き出していなければ、外務省の外部有識者委員会による報告書が密約問題に関する唯一の解明文書となり、国民の知る権利は封殺されていただろう」と指摘した。【内藤陽】

【関連ニュース】
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁
日米密約:非核の虚構 崩壊 歴代外相、弁明に終始
日米密約:外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委
密約:藤山・マッカーサー討論記録 政府「不公表」答弁書
日米密約:「説明受けた」中曽根元首相、認める

控訴の可能性検討=「沖縄密約」判決で外相(時事通信)
<普天間問題>鳩山首相、米大統領に直接説明する意向(毎日新聞)
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)
姫路城、4年間は登れません「平成の大修理」本格化(産経新聞)
<桜島>爆発的噴火400回超す 昨年より約7カ月早く(毎日新聞)
[PR]
by pnv5llxvbn | 2010-04-13 11:26


<< 四神と十二支壁画完成 奈良・平... のり食べる生活に適応=日本人の... >>